2023年2月24日金曜日
研究に資する培地分析の基礎とその応用

2022年3月に、米国サンディエゴで行われたAKI&CRRT 2022での、Nova Biomedical社ラテンアメリカ学術部長 Dr. Rubens Lodiによる、17分程度のコンパクトな発表です。

持続的腎代替療法(CRRT)において、体液量やその変化を評価する上での、侵襲性の低い簡便な指標「推算血漿容量(ePV)」の意義を説明します。また、Surviving Sepsis Campaign 2021、日本・海外からの敗血症や心不全等との関連の研究論文8つほどのePVが関わる文献事例を、ポイント要約して示します。簡易なePVの測定に資する製品(据え置き型、ハンディ型)の紹介も行います。

「体液量やその変化の評価」に問題意識をお持ちの、腎臓専門医、循環器、ICU/急性期、麻酔科/オペ室の先生方にお勧めです。

セッションに参加する